錠剤が小さくて飲みやすいメガリス

錠剤が小さくて飲みやすいメガリス

錠剤が小さくて飲みやすいメガリス

ED治療薬を良く使っている方なら、ジェネリック医薬品も複数使ったことがあるかと思います。
ED治療薬のジェネリックには、強力な勃起力が得られるバイアグラ系、即効性が得られるレビトラ系、長時間の効果が得られるシアリス系があり、それらに数多くのジェネリックが出ています。
それらを選ぶ時は、おそらく値段や評判などを参考にして選んでいると思いますが、錠剤の形態も判断材料の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

そもそも、ED治療薬は2014年5月26日に日本国内でバイアグラのジェネリックが発売されたばかりで、それ以前は特許が切れていない状況でした。
それなのに何故ジェネリックがこれほど多くの種類がでているのかというと、インドでは医薬品の成分には特許が認められておらず、製法さえ違えば合法的にジェネリック医薬品を製造・販売する事ができたからです。
そのため、個人輸入で手に入るジェネリックは、主成分は同じでも製造法や形状などがそれぞれ違っているのです。

 

もちろん効果自体はほぼ同じですが、若干吸収速度に差が出たり、効き目の現れる時間が違ったりします。
個人差もありますし、ジェネリックを選ぶ時は値段だけでなく、実際に色々なものを試してみて自分に合ったものを探す事が大切です。
その中でも、飲みやすさというのは意外と無視されがちなのではないでしょうか。

 

確かに薬の大きさなどは、ED治療にはなんら影響ありません。

 

錠剤かカプセルかなどは吸収速度にも関わってきますし、カプセルの場合はゼラチンなどアレルギーにも関係するので多少は気にする人もいるかと思いますが、飲みやすいかどうかは薬選びの優先順位で言えば下の方になってしまいます。
ですが、錠剤を飲もうとすると喉に引っかかって苦手だという方や、高齢で嚥下能力が衰えた方にとっては、錠剤が小さいというのは意外と重要な特徴です。
他のジェネリックなどを使っていて飲みにくさを感じている時は、メガリスの使用を検討してみてはどうでしょうか。

 

このように錠剤が小さいメガリスですが、小さくても有効成分タダラフィルはしっかり他のジェネリックと同じように含まれていますのでご安心下さい。
効き目も飲んでから24時間〜36時間程度続きますし、緩やかに2時間程度かけて効き始め、副作用が起こりにくいという特徴もシアリスと同じです。
服用方法は1日に10mg〜20mgを一錠、最大限の効果を得たいなら空腹時に飲むようにしましょう。

 

そうでなければ、アルコールや食事の影響を受けにくい薬ですので気にする必要はありません。
メガリスは錠剤が小さいので、ピルケースにたくさん入りますし、旅行などにもって行くのにも場所をとらなくて便利です。

 

とくに恋人などとの旅行中はどのタイミングで性行為をするか予測しづらく、いつでも準備万端の状態にしておきたいなら、飲んで24時間以上効果が続くメガリスが最適です。
その特徴を存分に活かすことができれば、性生活も充実させることが出来るでしょう。